MusicFMは違法!?

とあるYouTuberの働きかけによってついに違法音楽アプリにも動きが出てくるかもしれません。

全音楽アプリのアクセス禁止」が話題となっておりますが、正式には「全”違法”音楽アプリのアクセス禁止」です。

「違法」かそうでないかによって全く違いますので。ココ重要です。

全違法音楽アプリのアクセス禁止とは?Pick upしました。

「全音楽アプリのアクセス禁止」事の発端

「全音楽アプリのアクセス禁止」という働き正確には冒頭でもお伝えした「全違法音楽アプリのアクセス禁止」。

事の発端はユーチューバー「セゴリータ三世」氏が音楽業界の方と食事に行った際に違法性のある音楽アプリに関して業界関係者の皆さんに気づいてほしい。

「MusicFMの実態調査」を行った結果を報告したYouTubeに対しての意見が出たのがきっかけ。

↓問題となったYouTube

チャンネル登録者数が9万人を超える人気ユーチューバーの発言だからこそ、注目されました。

様々な方の意見を聞いていくと中には衝撃発言も!

「音楽は聴くもの 買うものではない」という方も登場!

じゃあ音楽作っている人の生活はどうなるんだ?

流通はどうなるんだ?

と個人的にはツッコミどころ満載でしたが、私がもっとびっくりしたのは世間の意見でした。

MusicFM(違法音楽アプリ)に対しての世間の反応

違法アプリを駆逐しようという動きには賛成が大半と思いきや、反対の意見も思ったより多そう!?

確かにお金が無い事情は分かるけど...

これはいまだに「CD」という媒体が悪影響な気もしますね。

柔軟に手に入れる方法があるといいのに。

紹介したユーチューバーの「セゴリータ三世」氏は実際に行動されております。

音楽業界を守るためにMusicFMなどの違法音楽アプリの全アクセス禁止を総務省へ求めるための署名運動(ネット署名)を起こしています。

賛成される方はこちらのインターネット上署名活動「change.org」へアクセス。

そもそも何が違法なの?他のアプリの違法性は?という方への説明が次になります。

スポンサーリンク

MusicFMは違法!?違法音楽アプリとは

MusicFMなど音楽アプリは違法なのか?

結論から言えばMusicFMは著作権に触れる違法とみなされる可能性が極めて高いです。

詳しくは法律家の方に聞いてほしいのですが、
基本的に音楽ですが、著作権法で守られています。

例を挙げると

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する(ダウンロードできる状態にする)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながら、ダウンロードすること。

となります。
その中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知りながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

私は法律家ではありませんので詳しくはこちらのサイトが参考になると思います。

ただ、MusicFMに限って言えばアプリをダウンロードしている点がまずややこしい。

しかもセゴリータ三世氏がおっしゃるように「MusicFMは中国の会社なので日本の法律対象外」(治外法権)なんですよね。

APPLEやJASRACには既に違法なことを伝えているようですので、対策が今後されていくと思います。

法律で対応するのには時間と労力もかかりますので、セゴリータ三世氏の提案のように「違法アプリのアクセスを制限する」のは非常に良い方法だと思います。

個人的にも「日本のアーティストが作った音楽が違法アプリの広告をクリックすることで中国の企業を潤している」なんて腹立たしい以外ありません。

この動きによって

  • MusicFM
  • Music Box
  • Music Sound

などが消えていくと良いですね。

こちらの記事も読まれています

Twitterでフォローしよう