映画館は静かに観るのがマナーというかルールですよね。

スクリーンに向かって「頑張れ!」や「後ろ振り返って」とか叫びたくなる気持ちは分からなくもないのですが、
マナー的には完全にアウトです。

下手すれば映画館から追い出されるのが普通です。

しかしながら、大声を出して良い。

むしろ映画を見ながら「声を張り上げる」のが推奨されている上映スタイルがあるってご存知でしたか?

その名も『応援上映会』という映画鑑賞スタイル。

最近では「ボヘミアン・ラプソディー」や「あんステフェスティバル」でも実現。

そして「名探偵コナン 紺青の拳」でも上映が決定した『応援上映会』をPick upしました。

映画館の「応援上映会」とは

初めて聞いた。という方も多いのではないでしょうか?

「応援上映会」というフレーズ。

応援上映会を簡単に説明すると映画の上映中に大声を出し、映画の登場人物に対して応援(声援)が許された特別上映です。

静かに鑑賞する。という従来の映画鑑賞スタイルとは真逆の鑑賞方法です。

しかも、声援を送るだけではなく映画の種類によってはペンライトなどの応援を高めるグッズの持ち込みもOKですし、コスプレもOKという鑑賞スタイルです。

それでは具体的に持ち物はどういったのもが良いのでしょうか?

それが次になります。

応援上映会の持ち物は?ペンライトOK

一般的に許可されている持ち物ですが、
応援上映会の持ち物ですが、過去の事例として

  • ペンライト
  • サイリュウム
  • うちわ

が許可されています。

音楽のコンサートに行く際に許可されている持ち物は大丈夫と認識しておけば問題ないと思います。

(念の為、当日鑑賞する映画の注意事項に目を通してくださいね)

そして、以外にも忘れがちですが重要アイテムが『タオルです。

思った以上に汗をかくのでタオルは必須ですよ!

逆にまず禁止されるであろう持ち物としては

  • レーザーポインター
  • ビデオカメラ等の録画・録音機器
  • 笛やクラッカーなどの音が出るもの

上記はまずNGになります。

常識の範囲ですよね。

そして、気になるマナーが次になります。

スポンサーリンク

応援上映会のマナー

応援上映会のマナーですが、楽しんでもらいたい。という開催側の気持ちがありますので堅苦しいルールはありません。

しかし、最低限のマナーは守って応援上映会に来た方同士が楽しめるように配慮は必要ですよね。

マナー違反の行為として

  • 周りの視界を遮るようなコスプレをしてくる
  • 視界を遮る応援グッズを持っている
  • ヤジや暴言を吐く
  • 周りの人に触れてしまうくらいに大きく動く

上記は間違いなくマナー違反ですよね。

正直『応援上映会』は同じ作品を好きになったファンド同士が集まるリピートイベントです。

同じ作品を好きになったという事は、会場に訪れたお客さんはあなたと趣味が合い友達になれる可能性十分です。

せっかく自分も好きになった作品を観て気分を害した人が出てしまうのは残念ですよね。

マナーにはくれぐれも注意して作品を楽しみましょうね♪

この記事を読んだあなたにオススメ記事

Twitterでフォローしよう