ピエール瀧氏の薬物容疑で逮捕され、ついには薬物を渡したとされる人物まで逮捕に。

捜査当局ではこのまま芋づる式に一斉検挙の期待が高まっているとか。

元号が新しく変わるタイミングでもあるので個人的にはここで一度オフホワイト色の芸能界を浄化する方が良いのでは?

との気持ちになりますが、ゴシップ誌は連日候補者が挙げられますね。

火の無い所に煙は立たないとよく言いますが、本当に芸能界は疑惑がいっぱいです。

知らないからなんとでも言える点もありますが。

さて、今回取り上げるのは仮に逮捕されると業界に影響が出ることが避けられないと言われている人物!

有名音楽プロデューサーのXさんをPick upしました。

大物プロデューサーX氏に対するヒント

まずは大物プロデューサーX氏に対するヒントをココで確認しましょう。

ゴシップ誌に記載されていた内容は下記でした。

「有名音楽プロデューサーのXですよ。実は十数年前から感情の起伏が激しくなり、繰り返される奇行が周囲を困らせているんです。
急に自分の事務所のスタッフ全員にクビを宣告したかと思うと、翌日になって『何で誰も来ないんだ!』と覚えていない。
都内にオープンした飲食店も、客入りは悪くありませんでしたが短期間で閉店。

女性問題でもトラブルが多くなっていきましたね」

某芸能記者の話

さらには

「長くコンビを組んできた人気バンドAのボーカルも距離を置くようになり、一緒にやっていた年に一度の音楽イベントの開催がなくなったりということもありました。

現在はまた一緒に仕事をしていますが、かつてほどの蜜月関係にはないという。

もしもの時に関わったCDが回収なんてことになれば、たまりませんからね」

某音楽関係者

ヒントをおさらいすると

  • 十数年前から奇行が繰り返されていた
  • 自分の事務所のスタッフ全員を首にしたのに覚えていない
  • 飲食店を短期間で閉店
  • 女性問題でもトラブルあり
  • 長年コンビを組んでいた人気バンドがある
  • 人気バンドAのボーカルとは年に一度の音楽イベントをやっている
  • 音楽イベントは開催がなかった事もあった
  • 現在はまた一緒に仕事をしている

極めて多くのヒントがあります。
これなら誰か分かりそうですが...どうなのでしょうか。

大物プロデューサーXって誰?

ここで改めて大物プロデューサーとは?という視点で名前を挙げていきます。

  • 秋元 康
  • 小室 哲哉
  • つんく♂
  • 小林 武史
  • 坂本 龍一

私が個人的に大物プロデューサーと呼ばれる人物ですぐ名前が浮かんだ人物を挙げました。

※お名前として挙げた人が薬物をやっているわけではありませんのでお間違いなく!

ここで長年コンビを組んでいた人気バンドがあるという点で秋元康氏は候補から外します。

理由はAKB48など多数のプロデューサーとして活躍していますが、バンドでは無いためです。

スポンサーリンク

人気バンドAのボーカルは?

では、人気バンドAのボーカルとは誰でしょうか?
まず小室哲哉氏ですが、ご存知TM NETWORK (ティーエムネットワーク)としては自らもメンバーとして活躍していました。

奥さんのKEIKO氏とのglobeなど数多くのバンドをプロデュースしています。

続いてつんく♂氏ですが小室氏同様、シャ乱Qとして自らもメンバーとして活躍していました。

モーニング娘。など多くのプロデュースはありますが、バンドとは言えないので秋元氏の理由同様候補から外します

続いて小林武史氏ですが、ミスチル(Mr.Children)を始め、最近ではback numberなど多くのプロデューサーとして活躍しています。

確かにミスチルなら人気バンドAのボーカルと一緒にイベントをやっているという点で繋がりますが..

最後に坂本龍一氏ですが、こちらも非常に多くのプロデュースをしています。
しかし、調べていくとバンドというよりは「個人(シンガーソングライター)」に対して多くの楽曲を提供しています。

一人の個人の個性を活かした音楽を作れるという点で流石です。

ただバンドという点で繋がりが薄いので候補から外します

ここで気になるのが小室哲哉氏と小林武史氏ですが、音楽イベントを年に一回開催されているのでしょうか。

音楽イベントとは

小室哲哉氏ですが、ご存知の方も多いでしょう。

小室哲哉氏は引退を発表しています。

そのため音楽イベントは現在ありません。

では、最後に残った小林武史氏ですが、年に一度のイベント「ap bank fes」をMr.Childrenのボーカル桜井氏と開催しています。

そして2013年にはこのフェスが休止になったこともあります。

じゃあ飲食店を短期間で閉店したという点を調査すると過去に「マザークルック」という都内にあったお店があるようでした。

"himawari"では小林武史氏のプロデュースを離れてセルフプロデュースでCDリリースも行い、現在はまた一緒にやっているという点も一致しますが...

事務所のスタッフをクビにした事件などは確証が得られませんでした。

結論としてはゴシップ誌も読者を楽しませるためにリードはしていくが、確証が無い、訴えられるのを避けるためにイニシャルトークにしているのでは?と思います。

ですので、※お名前として挙げた人が薬物をやっているわけではありませんのでお間違いなく!

個人的には夫婦でやっていたマイラバとか大好きなので、こんな噂を吹き飛ばして今後もたくさんの音楽を聴かせてほしいところですが。

仮に逮捕だとCD回収?となると業界が...

大物プロデューサーって誰もが影響力がありすぎてやばいですね。

この記事を読んだあなたにオススメ記事

Twitterでフォローしよう