長久允 公式サイトプロフィール
引用元:http://nagahisa.strikingly.com より

謎が多い人物「長久允」。

電通社員でCM制作を本業としながら映画監督作品として「そうして私たちはプールに金魚を、」にてショートフィルムも世に送り出しサンダンス映画祭のグランプリ受賞(ショートフィルム部門)を獲得する異色の経歴。

はっきり言うとスーパーサラリーマンのイメージがありますが一般人であるため情報が少ない人物です。

これからますます注目を集めそうな”長久允”氏をPick upしました。

長久允の経歴とプロフィール

長久允 公式サイトプロフィール

引用元:http://nagahisa.strikingly.com
より

写真は長久氏の公式サイトより引用させて頂いておりますが、インパクトがありすぎますよね。

クリエイターの雰囲気を醸し出しています。

そんな長久允氏とはどういった人物なのでしょうか?
まずはプロフィールを確認しましょう。

氏名 長久 允
読み方 ながひさ まこと
生年月日 1984年8月2日生まれ
出身 東京都出身
肩書 コピーライター、クリエイター、映画監督、CMプランナー
学歴 青山学院大学 フランス文学科卒、バンタンデザイン研究所 卒
受賞歴
  • サンダンス国際映画祭グランプリ受賞
  • TCC新人賞
  • OCC最高新人賞
  • カンヌ国際映画祭 ヤングライオンFILM部門シルバーなど

青山学院大学3年生の時に並行してバンタンデザイン研究所にて入学しPVや映画の制作に携わっていたという異色の経歴の持ち主。

そのまま大学卒業と同時に大手の株式会社電通に入社をしたという経歴の持ち主。

電通に入社できる時点で入社試験を勝ち抜いてきた事を考慮しても優秀な人物だと思われます。

髪型から凡人とは違うただならぬ才能を感じますが、ご本人のインタビュー談では電通で窓際社員だったと発言があります。

才能を上司が理解しきれなかったのかもしれませんね。

長久允は電通社員でCM制作が本業

そんな長久允氏が電通の写真として数多くのCM制作を手がけてきています。
一部をご紹介すると

  • 森永製菓の「小枝」「ダース」
  • イオンリテール「満月ゼロ」
  • アサヒビール「一番麦」

やはり大手スポンサーのTVCMの担当として私達に馴染みのあるCMもありますね。

他には若い世代でピンときそうなのがAKB48「野菜シスターズ」のPVを担当されています。

出で立ちから奇抜なCMや作品が多いのかな?と勝手なイメージを持っていましたが、意外にも!?

まともな作品だと個人的には感じました。

CM作品は分かったところで映画監督としての作品はどんなのがあるのでしょうか?

それが次になります。

スポンサーリンク

映画監督としての作品は?

長久允氏が映画監督として手掛けた作品の一部をこちらでも紹介します。
※学生時代に制作されたショートフィルム等は不明なため一部とさせて頂いております

  • そうして私たちはプールに金魚を、
  • FROG
  • ウィーアーリトルゾンビーズ

バンタンデザイン研究所の卒業制作としての長編映画「FROG」は2009年12月に劇場でも公開され、現在は全国のTSUTAYAで好評レンタル中です。

TSUTAYAなら初回入会から30日間無料お試し!

そうして私たちはプールに金魚を、では既に紹介したようにショートフィルム部門で数々の賞を受賞しています。

この作品が生まれたきっかけが「ヤフートピックス」の1行からというから驚きました!

ニュースの内容としては埼玉県の中学生の女の子4人が学校のプールに400匹の金魚を放つというニュースなんですが、彼女たちの動機が「キレイかなと思って」。

これに対して本当にそうなのかなという違和感を抱いたのがきっかけというから正直私がこのエピソードを聞いてびっくりしました。

良い意味で子供のように純粋であり、疑問で終わらない点が素晴らしいと感じました。

そんな長久允氏の注目作品が「ウィーアーリトルゾンビーズ」です。

6月14日に全国公開されるから楽しみですよね♪

お見逃しなく!

こちらの記事も読まれています

Twitterでフォローしよう