酒井法子(のりピー)新恋人の勤務先は?東証一部上場企業専務の年収が気になる!

「のりピー」こと歌手の酒井法子(48)が、東証1部上場企業の専務と交際していることが、「週刊文春」の取材でわかりました。

48歳になっても変わらず、美人でモテますね〜。

薬物による前科があり、現在は日本での芸能活動は控えめですが外国では変わらない人気があります。

48歳になっても人気の酒井法子さんに噂が出ましたが、大企業の専務という重役ポジションなのに前科がある人と付き合っていいのか?
という素人疑問もありますが、お相手の勤務先が気になりましたのでPickupしました。

酒井法子(のりピー)新恋人の勤務先は?

文春によると酒井法子の新恋人は、

  • 東証一部上場企業であること
  • 肩書は専務取締役
  • 平均年収が1,400万超の高給企業
  • 都銀を経て2006年に入社
  • 49歳独身男性

という情報がありました。

東証一部上場企業は2019年11月時点で2,157社。

そんな数少ない会社の専務ってエリート過ぎです。

ヒントになりそうなのは平均年収が1,400万という点ですね。

2019年の平均年収ランキングを見てみましょう。

2019年度年収ランキング

1位 m&aキャピタルパートナーズ 2575万円
2位 GCAサヴィアン 1951万円
3位 TBS 1595万円
4位 ヒューリック 1470万円
5位 三菱商事 1458万円
6位 日本テレビ 1439万円
7位 ファナック 1412万円
8位 伊藤忠商事 1409万円
9位 東京海上 年収 1392万円
10位 スクウェア・エニックス(スクエニ) 1386万円

引用元:https://heikinnenshu.jp/ranking.html

平均年収が1,400万に該当しそうなのは下記の企業です。

  • ヒューリック
  • 三菱商事
  • 日本テレビ
  • ファナック
  • 伊藤忠商事
  • 東京海上
  • スクウェア・エニックス(スクエニ)

どれも超有名な企業ばかり!

この中の専務が酒井法子さんの新恋人である可能性が高そうですね。

のりピー新恋人の年収が気になる

東証一部上場企業の中でも年収が多い会社の専務は一体いくら年収がもらえるのでしょうか?

完全に余計なお世話ですが、気になりました。

東証一部上場企業、専務役員報酬の水準は約3,800万円でした。

平均年収がTOP10に入り込んでくる企業の専務になると4,000万以上、5,000万円近くになりそうですね。

仕事も出来て、恋人が酒井法子って人生出来すぎてませんか?

今まで独身ということは女性に困ったことが無いくらいのモテモテなのかもしれませんね。

良い彼氏でのりピーが更生できる環境があれば、幸せですね♡

こちらの記事も読まれています

Twitterでフォローしよう