倉本聰脚本の”やすらぎの郷”に続編が決定!

4月8日〜STARTする「やすらぎの刻〜道」は毎週月曜〜金曜のお昼12:30〜12:50の時間帯で1年間放送が決定しています。

倉本聰氏ならではの脚本センスで老人ホームの出来事をとりあげていくユーモアたっぷりのドラマでシニア層に人気があった番組ですが、
今回はその2年後の世界を描きます。

キャストは前回からおなじみのメンバーと新入居メンバーが追加で物語が進んでいきます。

それと並行し、石坂浩二さん演じる元売れっ子シナリオライターの菊村栄が新たに手がけるドラマ脚本「道」もドラマ化!

昭和初期、戦中戦後、平成、さらに新元号「令和」までの時代の移り変わりを山梨県の山間のむらで激動を生き抜いた無名の夫婦の生涯を描く内容。

「道」では昭和編と平成編に大きく分かれますが、昭和編のヒロインについてPick upしました。

やすらぎの刻〜道「根来しの」役は誰?

風間俊介さん演じる根来公平の妻役である根来しのってとっても可愛いですよね♪

役柄としては14歳のときにワケありで根来家に引き取られてきた少女を演じています。

明るくお転婆な性格で、度胸も満点。
特技は薙刀という役柄です。

笑顔が素敵で明るくお転婆な性格という役柄がインストールされているように感じます。
こんなに素朴な格好をしているのに素材の良さが隠しきれていません(良い意味で)

根来(浅井)しの役のヒロインは清野菜名さんでした!

正直えっ!?と思われた方も多いかも知れませんね。

実は前作から登場しているからです。

清野菜名が昭和編ヒロインに!

実は前回「やすらぎの郷」で石坂浩二さん演じる菊村栄が昔恋した女性「直美」とその孫「アザミ」を当時2役で演じていた女優さんなんです!

76歳の石坂浩二さんが22歳の清野菜名さんとキスしたり胸を触るシーンがあり視聴者がざわついた内容ですよね。

そんな演技力に倉本聰氏が惹かれたのか「やすらぎの刻〜道」の昭和編ヒロインに清野菜名さんが大抜擢されています!

スポンサーリンク

清野菜名はこんなドラマ、CMにも登場していた!

何かと注目を集めている清野菜名さんですが、過去には様々なドラマ・CMに登場しています。

最近ではドラマも大ヒット、映画にもなる「今日から俺は!!」のヒロイン役で登場。

CMでは転職会社のDODAで登場。

東京カレンダーさんの仕事っぷりがさすが!

様々な表情を見せてくれる清野菜名さんに今後も期待大ですね♪

この記事を読んだあなたにオススメ記事

Twitterでフォローしよう