2019プロ野球志望者届提出者一覧 高校生注目選手

どちらが勝っても史上初の優勝校となる「履正社(大阪)vs星稜(石川)」の決勝戦は履正社が初優勝という結果になりました。

星稜は惜しくも悲願の初優勝まであと一歩というところで優勝旗に手が届きませんでしたが、好投手奥川くんを中心に選手全員が一丸となって最後まで素晴らしいプレーを見せてくれました。

ドラフト1位指名が間違いないと言われている奥川くんや、高校生最速163キロを記録した佐々木くん(大船渡)など投手を中心に上位指名の期待がかかる選手が多数。

プロ野球志望届は提出されるのか?それとも大学へ進学するのか行方も気になります

2019年高校野球でプロ野球志望届を提出した高校生をPickupしました。

2019年プロ野球志願届提出者一覧(高校生)

※随時更新
2019年プロ野球志望届を提出した高校生の一覧となります。

氏名 高校名 都道府県 所属連盟受付日
飯田 蒼(内) かわち野 大阪 8月23日
梶浦 優真(外) かわち野 大阪 8月23日
西田 隼都(投) かわち野 大阪 8月23日
問可 浩志(内) 聖カタリナ 愛媛 8月25日
濱崎 鉄平(投) 土浦三 茨木 8月26日
小林 慧太(内) 上田西 長野 8月26日
玉村 昇吾(投) 丹生 福井 8月29日
小林 珠維(投) 東海大札幌 北海道 9月2日
大橋 輝一(内) 北越 新潟 9月2日
紅林 弘太郎(内) 駿河総合 静岡 9月2日
藤田 凌(投) 岐阜各務野 岐阜 9月2日
栗田 和斗(投) 知徳 静岡 9月3日
坪井 悠太(投) 大阪偕星学園 大阪 9月3日
福田 慈己(投) 大阪偕星学園 大阪 9月3日
関 アンディ(外) 箕面東 大阪 9月4日
木村 勇太(-) 希望が丘 福岡 9月4日
藤岡 陸(-) 希望が丘 福岡 9月4日
塩崎 栄多(外) 浜松工 静岡 9月4日
田部 隼人(内) 開成 島根 9月4日
平野 大和(外)
日章学園 宮崎 9月4日
鶴見 凌也(投/捕) 常盤大 茨城 9月5日
瀧上 晶太(投) 守谷 茨城 9月5日
長岡 秀樹(内) 八千代松陰 千葉 9月5日
石塚 綜一郎(捕) 黒沢尻工 岩手 9月5日
小峯 新陸(投) 鹿児島城西 鹿児島 9月5日
白川 恵翔(投) 池田 徳島 9月5日
フェントン ライアン(捕) 光泉 滋賀 9月5日
吉田 力聖(投) 光泉 滋賀 9月5日
落合 秀市(投) 和歌山東 和歌山 9月6日
木下 元秀(外) 敦賀気比 福井 9月6日
サンドゥ シャーンタヒル(投) 津田 香川 9月6日
清水 絢斗(投) 東海大諏訪 長野 9月7日
堀 裕貴(投) 高岡商業 富山 9月7日
佐藤 一磨(投) 横浜隼人 神奈川 9月8日
米山 魁乙(投) 昌平 埼玉 9月9日
根岸 綾世(捕) 渋川青翠 群馬 9月9日
宮下 侑(投) 渋川青翠 群馬 9月9日
 米山 魁乙(投) 昌平 埼玉 9月9日
堀田 賢慎(投) 青森山田 青森 9月10日
福島 圭音(外) 聖望学園 埼玉 9月10日
橋本 大樹(捕) 山村学園 埼玉 9月10日
菊田 拡和(外) 常総学院 茨城 9月11日
横山 陸人(投) 専大松戸 千葉 9月11日
澤野 聖悠(内) 愛知 9月11日
谷岡 楓太(投) 武田 広島 9月11日
上原 優人(投) 生光学園 徳島 9月11日
柏木 寿志(内) 九州文化学園 長崎 9月11日
山科 颯太郎(投) 九州文化学園 長崎 9月11日
武藤 敦貴(投) 都城東 宮崎 9月11日
渡部 雅也(捕) 日大山形 山形 9月12日
高橋 誠心(内) 藤岡中央 群馬 9月12日
山河 楓(投) 神戸弘陵 兵庫 9月12日
大森 優輝(外) 興譲館 岡山 9月12日
相葉 拓夢(投) 中越 新潟 9月12日
菅井 道(投) 中越 新潟 9月12日
前 佑囲斗(投) 津田学園 三重 9月12日
木村 仁(投) 北九州 福岡 9月13日
国分 渉(投) ふたば未来学園 福島 9月13日
重吉 翼(投) 日本航空石川 石川 9月13日
武岡 龍世(内) 八戸学院光星 青森 9月14日
伊藤 大将(内) 八戸学院光星 青森 9月14日
伊藤 海斗(外) 酒田南 山形 9月14日
渡邉 拓海(投) 酒田南 山形 9月14日
天野 龍人(捕) 高松南 香川 9月16日
中ノ原 悠成(外) 秀岳館 熊本 9月16日
松田 賢大(投) 日大鶴が丘 東京 9月17日
三浦 柚恵(投) 藤沢清流 神奈川 9月17日
井上 温大(投) 前橋商 群馬 9月17日
清水 聖也(外) 明星 大阪 9月17日
山口 翔大(捕) 島根中央 島根 9月17日
多田 拓人(外) 三井 福岡 9月17日
宮城 大弥(投) 興南 沖縄 9月17日
広瀬 太朗(内) 誠英 山口 9月18日
岩田 真稀斗(投) 文徳 熊本 9月18日
萩原 龍衛(捕) 自由ヶ丘学園 東京 9月18日
上野 響平(内) 京都国際 京都 9月18日
韮沢 雄也(内) 花咲徳栄 埼玉 9月20日
上 麗也(内) 花咲徳栄 埼玉 9月20日
井上 広輝(投) 日大三 東京 9月20日
田中 虹来(投) 武相 神奈川 9月20日
石川 昂弥(内) 東邦 愛知 9月20日
島田 魁人(内) 英真学園 大阪 9月20日
竹内 皇雅(投) 周防大島 山口 9月20日
川野 涼多(投) 九州学院 熊本 9月20日
井上 広大(外) 履正社 大阪 9月20日
赤塚 健利(投) 中京学院大中京 岐阜 9月20日
藤田 健斗(捕) 中京学院大中京 岐阜 9月20日
岡林 勇希(投) 菰野 三重 9月21日
奥田 域太(投) 菰野 三重 9月21日
浅田 将汰(投) 有明 熊本 9月23日
荒木 翔太(内) 千原台 熊本 9月23日
遠藤 成(内) 東海大相模 神奈川 9月24日
近藤 大樹(内) 西日本短大付 福岡 9月24日
神宮 隆太(捕) 西日本短大付 福岡 9月24日
宇賀神 聖(内) 宇都宮工 栃木 9月24日
大貫 礼央(内) 宇都宮工 栃木 9月24日
角田 涼馬(投) 慶風 和歌山 9月25日
竹内 航大(外) 大阪偕星学園 大阪 9月25日
問可 浩志(内) 聖カタリナ 愛媛 9月25日
國吉 吹(投) 沖縄水産 沖縄 9月25日
持丸 泰輝(捕) 旭川大高 北海道 9月26日
村上 舜(投) 山形中央 山形 9月26日
及川 雅貴(投) 横浜 神奈川 9月26日
黒川 史陽(内) 智辯和歌山 和歌山 9月26日
東妻 純平(捕) 智辯和歌山 和歌山 9月26日
中田 惟斗 (投) 大阪桐蔭 大阪 9月26日
若松 龍輝(投) 済美 愛媛 9月26日
冨水 大和(投) 網走桂陽 北海道 9月27日
大木 稔貴(投) 横芝敬愛 千葉 9月27日
森 敬斗(内) 桐蔭学園 横浜 9月27日
林 優樹(投) 近江 滋賀 9月27日
水上 桂(捕) 明石商 兵庫 9月27日
早瀬 翔馬 (投) 未来 富山 9月27日
竹内 龍臣(投) 札幌創成 北海道 9月30日
吉村 誠矢(捕) 学芸大国際 東京 9月30日
奥川 恭伸(投) 星稜 石川 9月30日
山瀬 慎之助(捕) 星稜 石川 9月30日
富松 建凌(投) 城北 熊本 9月30日
舟越 秀虎(投) 城北 熊本 9月30日
久松 優介(内) 沖縄カトリック 沖縄 9月30日
廣田 将一(内) 神奈川商工 神奈川 9月30日
勝連 大稀(内) 興南 沖縄 9月30日
佐々木 朗希(投) 大船渡 岩手 10月1日
鈴木 寛人(投) 霞ヶ浦 茨城 10月1日
山口 竜民(外) つくば国際大 茨城 10月1日
西 純矢(投) 創志学園 岡山 10月1日
片山 朋哉(外) 関西 岡山 10月2日
比嘉 太一(内) 宜野湾 沖縄 10月2日
田村 颯瀬(投) 東京学館新潟 新潟 10月2日
済木 龍輝(内) 佐賀商 佐賀 10月3日
若松 聖覇(投) 島原中央 長崎 10月3日
今田 雄大(投) 宮崎日大 宮崎 10月3日
日髙 太勢 (投) 宮崎日大 宮崎 10月3日

※名前横の()はポジション
※未発表はプロ入りを明言しながらまだ提出していない選手。
※仮に希望が変わりプロ入りを避けたら削除します。

2019年高校生注目選手一覧

ここではプロ野球志望届を提出した選手の中から、当サイト運営者独自の視点で注目選手をピックアップしていきます。

即戦力高校生 奥川 恭伸(星稜)


夏の甲子園準優勝投手。
150キロを超えるストレートだけでなくキレのあるスライダーに注目が集まりますが、外角低めいっぱいに投げ込めるコントロールの良さが即戦力投手と言える点です。
複数球団指名は明らかで、何球団が指名するかドラフト会議に注目が集まっています。

最速154キロの右腕 西純矢(創志学園)


侍U18では8打点(南アフリカ戦)と打撃も素晴らしい西純矢くん。
高校投手四天王としても有名で、素材はピカイチ。
一本釣りで西くんの出身地の広島カープが指名すると面白いと思います。
2年生の夏の甲子園では2試合で計25奪三振を奪っています。

163キロを投げる未完の大器 佐々木 朗希(大船渡)

夏の甲子園で見ることはありませんでしたが、U-18日本代表入りも果たした未完の大器。
素質は素晴らしいものを持っているだけに育成力があるチームに行けば日本だけでなく、世界で屈指の投手になれる。
12球団どこでもプロ入りを宣言しています。

決勝でホームランを放ったスラッガー井上広大(履正社)


春の選抜で徹底的に抑え込まれた星陵高校の奥川くんへの雪辱を果たすべく決勝戦で見事に3ランホームランを放った井上くん。
まだまだ荒削りで金属バットに頼っている打ち方も見られるが187cmと恵まれた体格で、木のバットに慣れていけば将来的には右の大砲として期待できる選手です。

強肩が持ち味の山瀬慎之助(星稜)


高校生No.1の強肩との声も聞こえる星陵高校の山瀬慎之助くん。
強肩だけに注目されがちですが中学生から奥川くんをリードしてきた捕手としての能力の高さにも注目したいところ。

強肩強打で俊足のリードオフマン 森敬斗(桐蔭学園)


U-18日本代表でもリードオフマンとして出場した森敬斗くん。
代表では慣れないセンターを守っていましたが本職はショート。
実はイケメンとしても知られ、客を呼べるプロ野球選手として期待している球団もあるとか!?

捕手は何人でも欲しいところなので、どの球団が氏名するか注目です。

スポンサーリンク

2019年プロ野球志願届の提出期限(締切)は10月3日(木)

2019年のプロ野球志望届の提出期限は10月3日(木)となります。

既に受付は既に始まっており、早い選手だと8月中に提出済みの高校生も存在します。
もちろん、このプロ野球志望届を提出しない高校生は進学か企業への就職希望と判断され、ドラフトで指名されることはありません

既にスカウトマンを中心に、本人にはもちろん、高校の監督や親御さんに指名の挨拶に伺っている可能性が高いので、指名がある程度保証される選手が提出しているのが現状です。

中には高校野球をやっていた記念として提出する選手もいるので全員ではありませんが。

2019年のプロ野球ドラフト会議は10月17日(木)

プロ野球ドラフト会議は2019年10月17日(木)に決定しています。

公式タイトル
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD
開催日
2019年10月17日(木)
主催
一般社団法人 日本野球機構
特別協賛社
大正製薬株式会社

今年はどんなドラマが待っているのか?
注目選手はどの球団に入るのか!目が離せません。

17時から抽選開始です。

こちらの記事も読まれています

Twitterでフォローしよう