4月21日に横浜アリーナで開催される「RIZIN15大会」で那須川天心選手の対戦相手となったフリッツ・ビアグダン選手。

フィリピンが生んだスーパースターで将来は大統領候補ともされる元ボクシングの6階級制覇の「マニー・パッキャオ」氏が送り込んだ刺客というから強さが気になります。

パッキャオ氏が推薦するファイターというからにはどれだけ強いんだ!?と個人的に気になったのですがなんと!

フリッツ・ビアグダン選手はマニー・パッキャオ氏と会ったことが無いみたいですね(笑)

会見でもなぜパッキャオ氏が推薦してくれたのか分からないと正直に話す姿に好青年で好感が持てました。

前日の記者会見では漫画「ドラゴンボール」の必殺技「かめはめ波」のポーズで挑発。

これには良い意味で強くなりたいきっかけが漫画だったのかな?

もしかして亀仙流なら那須川天心選手もかなり苦戦が予想されるのでは??

と感じました(笑)

今回はフリッツ・ビアグダン選手についてPick upしました。

フリッツ・ビアグタンの強さ

フリッツ・ビアグダン選手の強さが気になりますよね?

なんと言ってもパッキャオ氏が推薦するのだから、那須川天心選手も油断できないはず。

仮にかめはめ波が打てるならかなりの強敵です...

かめはめ波を食らってはさすがに那須川天心選手も一撃でやられてしまうくらいです。

スカウターで強さを測ると亀仙流を考慮して「300」くらいはいきそうですね。

ただし、今回はRIZINルール。

リング内での闘いですので残念ながら「か〜め〜は〜め〜波〜」と時間が必要なので打つスキはなさそうです。

冗談はほどほどにしておいて、純粋な肉弾戦での勝負となりそうです。

参考までに戦っている動画をご覧ください。

URCCでのフリッツ・ビアグダン選手

正直強さに関しては未知数としか言えません。

マニー・パッキャオの刺客と言っても当の本人に会ったことが無いみたいなので噛ませ犬の可能性もあります。

RIZINとしては那須川天心選手もメジャーな選手として行きたかった思惑を感じますが前試合で負けているので...

そこで強さの基準となる戦績を調べて見ました。

結果が次になります。

フリッツ・ビアグタンの戦績

フリッツ・ビアグダン選手の戦績が下記になります。

  • ムエタイでは32戦26勝3敗3分
  • ボクシングでは1戦1勝
  • 総合格闘技では5戦4勝1敗

そして、RIZINの公式サイトなどから肩書を確認すると

  • 現WBCムエタイフェザー級フィリピン王者
  • 元URCCストロー級王者

ムエタイの国内チャンピオンでもあり、総合格闘技では4戦目で王者となったみたいです。

肩書だけを見ると立派ですが、正直誰なの?感は強く、フィリピンでもあまり知名度はなさそうでした。

RIZIN側がパッキャオ氏の知名度を利用し那須川天心選手を強く見せようとする仕組まれた試合だと個人的に感じました。

なんと言ってもフリッツ・ビアグダン選手がフェザー級やストロー級という那須川天心選手の階級よりも軽い階級をメインにしているのが気になります。

試合はどうなることでしょうか。

スポンサーリンク

フリッツ・ビアグタンが錦戸亮に似てる!

そんなフリッツ・ビアグダン選手が錦戸亮に似ている!という報道がありました。

まずは改めてフリッツ・ビアグダン選手が実際に動いている映像、インタビュー動画です。

続いて錦戸亮さんの動画。

正直、優しそうな雰囲気と鼻がしっかりしている点は似ていますが...

あなたの目にはどう写りましたか?

試合が楽しみですね。

この記事を読んだあなたにオススメ記事

Twitterでフォローしよう