FC東京 久保建英選手
引用元:Jリーグ公式サイトより

日本サッカー界のリアル大空翼とも言われる久保建英(FC東京)18歳がスペインのビッググラブ「レアル・マドリード」へ移籍することが決定しました!

移籍金は2億4千万、年俸はなんと1億2千万円とも報道されていますから期待と能力の高さが伺えます。

18歳で億を超える年俸をもらったら一般人なら人生狂いそうですが久保選手は淡々と平常運転でしょうね。

個人的にはコパ・アメリカでの活躍を見てからの移籍になると思っていましたのでこのタイミングでの移籍決定はびっくりしました。

しかも禁断の移籍!?育てのチームであるバルサの永遠のライバルであるチームへの移籍ですから驚きです。

久保建英選手はレアル・マドリード移籍が決まりいきなりトップチームへの合流はありえませんが...

アザールがチェルシーからレアルへの移籍が発表されたばかり(移籍金が約122億円

レアルは若手を青田買いしてレンタルするのが通常ですが、どのチームになるのでしょうか?

久保建英選手の移籍先についてPick upしました。
レアル・マドリード・カスティージャで1年間プレーすることが公式に発表されました。

久保建英レアル移籍後のレンタル先はスペインチーム?

久保建英選手のレアル移籍後はどこのチームに移籍するのでしょうか?

すでにトップチームはジダン監督を中心に補強を積極的に行い、ジダン監督が獲得を希望している選手の補強に成功しています。

そのため移籍後すぐにトップ合流とはいきません。

海外の有力選手もレアルへ移籍後、漏れなく他のチームへレンタルされています。

最近の例で言えば

  • アクラフ・ハミキ(ドルトムント)
  • ラウル・デ・トマス(ラージョ・バジェカーノ)
  • テオ・エルナンデス(レアル・ソシエダ)
  • マルティン・ウーデゴール(フィテッセ)

上記の選手がレンタル先で順調に結果を残しています。
ラウルに関しては同じスペインリーグで11得点とレアルのベンゼマの13得点とそんなに変わらないため実力の高さが伺えます。

レンタル先を見てみると、国はドイツ、スペイン、オランダとバラバラですね。

どうやら選手の特性を見極めて試合に出れるチームへのレンタルを積極的に行っているみたいですね。

そうなると久保選手の場合はスペイン語が話せるというのもあり、レアルと同じスペインリーグ(ラ・リーガ)のチームへレンタルの可能性が高いですね。

私の考えでは日本人にも理解があり、乾選手も所属した

  • ベティス
  • エイバル
  • アラベス

の可能性も十分考えられるのでしょうか。

乾選手は今季終盤は右足首の故障で終えており、アラベスのレンタル継続も難しそうなのでアラベスもあり得るかもですね。

久保建英レアル移籍後はBチームのカスティージャかも

若手選手はレンタル移籍の他にも下部組織Bチームであるレアル・マドリード・カスティージャに所属する可能性も残されています。

Bチームはリーガ・エスパニョーラの3部相当に所属しています。

3部と聞くとかなりレベルが下がるようなイメージがありますが、同じトップチームを目指す選手たちとプレーできるのはメリットですし、レアルの考え方を吸収する意味ではありだと思います。

レベルは全然違いますが、久保選手もJリーグではJ3→J1と着実にステップアップしていきました。

まだ18歳と期待しか無い年齢ですのでくれぐれも怪我や故障だけには気をつけて日本を引っ張っていく逸材になってほしいですね。

ゆくゆくはピピこと、中井卓大選手(15歳)とのレアルで共にチームメイトとしてプレーする。

まるでキャプテン翼の翼くん&岬くんみたいな夢の共演が10年後くらいには見られるかも!?

レアルに飛び立つ前のコパ・アメリカでの戦いが楽しみですね。

こちらの記事も読まれています

Twitterでフォローしよう